オステオパシーについて

上大岡駅より徒歩5分/平日20時まで受付

たかや治療院

お電話ご予約

オステオパシーについて

〒233-0007 神奈川県横浜市港南区大久保1-16-5
ビューノ上大岡102号室

神奈川県横浜市上大岡のオステオパシー、整体、クラニアル、痛みとアレルギー・自律神経の不調はたかや治療院におまかせ下さい。

オステオパシーについて

オステオパシーの歴史

オステオパシーの歴史

オステオパシーは、アメリカ人の医師アンドリュー・テイラー・スティル(1828〜1917)により研究・開発された医学(療法)です。

妻と3人の子供を出産の合併症や髄膜炎、肺炎などで次々に亡くしたDr.スティルは、自分の無力さに嘆き、これまで自分が学んできた医療に疑問を持つようになりました。

彼は解剖学に基づいて研究を重ね、人間の自然治癒力に着目した新しいコンセプトの医学を確立しました。1874年6月22日に発表された新しい医学は、何年か後に正式にオステオパシーと名付けられました。

当時の主流の医学とはあまりにも考え方やあり方が異なったために、医学界や教会からは相当に反論を受け非難されたそうですが、Dr.スティルの施術を受けた患者の回復ぶりはめざましく、次第に実績を積み上げてじきに一人では診きれないほどの患者が集まるようになりました。

Dr.スティルは、1892年に初めてのオステオパシーの学校を設立し1917年に亡くなるまでに、多くの生徒を教育しました。
現在では、オステオパシーはアメリカだけでなく、ヨーロッパ各地・オーストラリア・南米と世界の多くの国々で発展を続けています。

オステオパシーの施術について

オステオパシーは固有の医学体系や哲学のことで、オステオパシーという施術テクニックがあるわけではありません。

オステオパシー哲学は解剖学、生理学、病理学などに基づいていますが、その哲学の下で数多くの手法が開発され発展しています。
例えば筋膜リリース・内臓マニピュレーション・頭蓋オステオパシーといった手法は数あるオステオパシーの施術方法の中の一部です。

Dr.スティルは自分の生徒たちに、オステオパシー哲学を教え解剖学を徹底的に学ばせて、治療技術はあまり伝えなかったという逸話が残っています。

オステオパシー哲学に基づいてオステオパスが行う施術方法であれば、オステオパシーの施術方法であるといっても良いかもしれません。

患者さんのおからだには何が必要なのか、おからだや自然のシステムに聴くことで最適な手段を用います。

オステオパシーの施術は、単に筋肉をほぐし骨格を整えるような身体の構造物だけをみるものではありません。
身体(肉体)とともに精神と魂を一体としてとらえて、あらゆる領域での働きの異常を改善させ調和するよう働きかけます。

そして、呼吸・循環・代謝・神経の働きなどの全身のリズムと機能を本来あるべき姿に戻し、人間が本来備え持っている自然治癒力が十分に発揮できるように、健全と繋がれるように導きます。

当院で用いるオステオパシーの手法

  • 伝統的なオステオパシー/バイオダイナミクス
  • クラニアルオステオパシー(頭蓋オステオパシー) 
  • RAS(靭帯性関節ストレイン)/BLT(靭帯張力バランス)/BMT(膜張力バランス)
  • 筋膜リリース
  • エナジェティックオステオパシー
  • ショック・トラウマリリース
  • VMT/VIS(内臓マニピュレーション/内臓テクニック)
  • パーカッションハンマー
  • スティルテクニック
  • アーティキュレーション(関節法)/関節の遊び
  • メカニカルリンク
  • クラシカルオステオパシー
  • HVLA(高速低振幅・スラスト)
  • リンパテクニック
  • SCS(ストレイン・カウンターストレイン)
  • MET(マッスルエナジーテクニック)
  • 軟部組織のテクニック
  • 誇張法
  • その他

営業日カレンダー

たかや治療院

受付時間

平日/10時~20時
水曜日/11時20分~20時
土曜・祝日/10時~18時

定休日

日曜日
※不定休がございますので、お知らせをご覧ください。

アクセス

京浜急行・横浜市営地下鉄
上大岡駅から徒歩5分

詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせ

Tel.045-844-4700

※施術中などお電話に出られない場合がございます。ご予約・お問い合わせの際は、必ず留守番電話にメッセージをお願いいたします。

  • 腰痛
  • 骨盤痛
  • 発疹・かゆみ
  • 産前・産後のケア

高谷ヒーリングオフィス

  • たかや治療院 院長ブログ